はなまる日記

うえすとくんの妄想をします。ちょっとだけにゅーすの話もします。ついった@_idとおなじ_

3年5組の神山先輩に恋した話

 

 

 

こんにちは!

 

 

とうとうやりますWESTくんの妄想!!!!

 

 

 

下書きに書き溜めていた妄想たち

 

 

は後回しにし(笑)

 

 

先日行った運動会で妄想脳がフル稼働しましたので

 

 

それを書き留めておくことを優先します!!

 

 

 

ツイッターにも少し書いたんだけどね

 

 

もうちょっと書きたいから書きます♡

 

 

 

 

それではスタート!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

私は高校一年の時に学食で見かけた、凄いオーラを放ってて派手で近寄りがたい先輩に一目惚れをします。

 

 

中学の部活で一緒だった一つ上の先輩に聞いてみたところ「神山智洋先輩」と言う名前らしい。

 

 

「あ〜〜神山くん?小さくてかわいいよね!」

 

「でも神山くんって藤井くんって人といつも2人でいるんだけど、オーラすごすぎて女子はみんな近寄れないって言ってる(笑)」

 

 

 

藤井先輩って誰かがかっこいいって言ってたな〜〜と思いながらも、神山先輩って名前を知れただけで満足。

 

 

その後、神山先輩と藤井先輩はいつも2限後の休み時間に学食にくるということを知る。

 

 

それからは毎日通う。でも遠くでみてるだけ。

 

 

りゅかみ先輩がわちゃわちゃしてるところ遠目でみてキュンキュンしたさMAX!!!!!

 

 

 

それが半年程続きます。

 

 

そして、勝負に出ます!!!二年の体育祭!!!!(りゅかみは三年)

 

 

3年5組のりゅかみ先輩はなんと同じ青組!!!!!!!

 

 

私たち2年3組の隣に3年5組がイスを並べているのです!!!!!!!!!

 

 

はぁ〜〜〜体育祭って素晴らしい!!!!

 

 

 

りゅかみ先輩は基本フラフラして、重岡先輩とか同じ学年の小瀧くんと喋ってる(中学が同じだったらしい)。

 

 

りゅかみ先輩、重岡先輩、小瀧くんが溜まって話してる!!!ハイカースト!!!!

 

 

と思いながらもタイミングを見計らいます。

 

 

 

すると午後、女子の棒取り合戦のとき(細かい)りゅかみ先輩がクラスの椅子のところに戻ってきて2人で喋ってる!!

 

 

チャンスだ!!!!!!!!

 

 

 

意を決して向かいます。

 

 

「あ、あの!!!!!!」

 

 

りゅかみ先輩びっくり。ん?俺たち?みたいな顔して振り向きます。(吐きそう)

 

 

 

「神山先輩一緒に写真撮ってください!!!」

 

 

言った、言ったぞわたし……

 

 

 

(`-´ )え、おれ!?!

 

 

びっくりする神山先輩。

流星じゃなくて?と言わんばかりに

 

 

でも冷静を装ってます。(かわいいすき)

 

 

(`-´ )あ、うん、ええよ!

 

 

て、照れてる〜〜〜〜!!!!素っ気ないむりかわいい!!!!!

 

 

これが初めての神山先輩との会話です。

 

 

うわぁ〜〜神山先輩が私と会話してる!!!私のほう見て喋ってる!!!!って興奮したいですよね。

 

 

椅子から立ち上がる神山先輩。

 

藤井先輩が(ノノ_☆)神ちゃんモテるや〜〜ん♡

 

 

とからかいます。(自分は山程後輩に写真を求められてます)

 

 

(`-´ )うるっさい!(笑)じゃあここ狭いからそっち行こか

 

 

うわ〜〜狭いから広いところ行こだって!!!配慮してくれてる!!!!優しいむりすき〜〜〜〜!!!!!!

 

 

(ノノ_☆)あ!俺撮ったげる!

 

ニヤニヤした藤井先輩がスマホ貸してと手を出してくる。

 

みんなの憧れの藤井先輩とも喋ってる、、夢なの、、これは夢なの、、、、

 

 

「お、おねがいします!」

 

手を震わせながら渡します。

 

 

(ノノ_☆)縦がいー?横がいー?

 

 

なにその聞き方っっっかっこいいっっっ

 

 

「あっ、じゃあ縦で!」

 

 

顔伸びるけど、少しでも神山先輩の多くを写したいので。(気持ち悪い)

 

 

(ノノ_☆)おっけー縦ね!じゃ撮るで〜

 

(ノノ_☆)まって、なんか遠ない?もっと近寄って!

 

 

なななななにを言ってるんだこの人!!!!!!!!

 

ってドキドキしてると、

 

(`-´ )も〜〜なんやねん(笑)

 

て言いながらさっと距離を詰めてくる神山先輩

 

 

匂いが!!!!!!ヤバイ!!!!距離!!!!!心臓の音が!!!!!聞こえちゃう!!!!!!!

 

 

(ノノ_☆)あ〜いいねいいね!じゃ撮るよー!

 

 

もうちょーーーぎこちない顔だよね、笑顔ってどうやるんだっけ???みたいな

 

 

(ノノ_☆)おっけ!確認してみて!

 

ってスマホ渡してくる藤井先輩。

 

ちょ、イケメンすぎて近寄るのも申し訳ない…受け取るとき手が当たってドキッとする……(むり)

 

 

「は!はい!大丈夫です!ありがとうございます!」

 

 

なんかもうよく見えないけどとりあえず神山先輩が死ぬほどかっこいいからおっけー

 

 

この時神山先輩は(`-´ )見せてー!とかこない。照れ屋だから。自分もドキドキしてて、とりあえずかっこつける。

 

(`-´ )だいじょぶ?

 

みたいに素っ気なく言う。(そういうところがすき)

 

 

そしたら藤井先輩が

 

(ノノ_☆)〇〇ちゃんは種目何出るのー?

 

って体操着に書いてある名前見て、名字+ちゃんで呼んでくる。さすが爆モテ藤井先輩、、、、

 

 

「私、障害物競走でます!」

 

って答えると

 

(ノノ_☆)このあとじゃん!神ちゃん応援しよ!同じ青組やし!

 

応援!?!!!??!! 

 

 

(`-´ )おん、するする!〇〇ちゃん頑張って探すわ

 

 

ハーーーーー!!!!神山先輩も名前で呼んでくれた!!!!!

 

…って、え!?探す!?!!?神山先輩が私を探す?!!?!!?!?!

 

 

大パニックですよね。あのハイカーストりゅかみ先輩が私を探して応援してくれるんですよ!?!!やばくないですか??!!やばいです(やばいです)

 

 

 

 「あ、ありがとうございます!!」

 

しか言えないですよね。とりあえず。

 

 

(ノノ_☆)あ、障害物招集かかってるぽいで?

 

「ほんとだ!」

 

(`-´ )ほな、頑張ってね

 

 

神山先輩が私を応援してくれてる、、、なにここ天国、、、?とうとう私死んだの、、、?

 

 

「あの、突然すみませんでした!ありがとうございました!」

 

ととにかくお礼。

 

 

(`-´ )いーえ!こちらこそありがとう

 

 

 

ありがとう……なんて優しいの神山先輩…… (すき)

 

 

この時の私は遠くでニヤニヤとこちらを見つめる重岡先輩の存在に気づいていなかった、、

 

 

 

りゅかみ先輩が私を見てるかもしれないって思うだけで、競走どころじゃないですよね。

 

 

終わって3年5組のほうみると、一番前に出てこちらをみてるんですよ、、、目が合う、、、むり息できない、、、、

 

 

すると2人してこっちに向かって手を振ってるじゃありませんか!!!!!

 

 

あーーーーーーーーなにこれ!?!!?

 

 

そのあと友達に問いただされること確定ですよね。

 

「藤井先輩〇〇に手振ってない!?なんで!?!」

 

 

いや、私もよく分かりません。

 

よく分からないけど神山先輩が私の存在を認識してくれた。それだけで夢のようですよね。

 

 

 

あ〜〜〜〜体育祭って素晴らしい♡(2回目)

 

 

 

 

 

まだまだ書きたいことあるんですけど、長くなったので一旦ここで終わります。

 

 

読んでくださりありがとうございます♡

 

ゆり丸。